こんにちは!埼玉県深谷市を拠点に、ペットである一般小動物の診療、予防接種、健康診断などを行っているあざみ動物病院です。
人と犬が共に生活するためには、犬をきちんとしつけることが重要です。
今回は、犬のしつけを行ううえでおさえておきたいポイントをご紹介いたします。

トイレトレーニング

犬をお家に迎えた際に、最初にすべきことは「トイレトレーニング」です。
家中いたるところに排泄するのは良くありませんので、トイレトレーニングは初日から行います。
まず大事にしたいのは「叱らない」とことです。
粗相をしてしまった犬に対して叱ってしまうと、トイレに怖いイメージがつき、隠れて排泄するなどの間違った行動をとってしまう可能性があるからです。
トイレシーツに自分の臭いをつけるなどの工夫をし、うまくトイレに誘導して、成功したら褒めてあげましょう。

体に触るのに慣れさせる

犬にもそれぞれの性格があり、おおらかな子もいれば臆病な子もいます。
臆病な子の場合、体を触られることに抵抗があるかもしれません。
飼い主さん以外にも、病院に行けば獣医師に体を触られることもありますし、トリミングや爪切り、ブラッシング、歯磨きなども行う必要がありますので、体を触られることへの抵抗をなくし、慣れさせることが大切です。
体に触られるのに慣れていないがため、他人を噛むなどのトラブルが起こることも考えられますので、触られることにしっかりと慣れさせておきましょう。

コミュニケーションを大切に

人間と同じく犬にも感情がありますので、むやみに怒らないことを意識しましょう。
怒ってばかりいたら、犬との信頼関係が築けず、コミュニケーションもとれません。
指示した通りにこうどうできれば褒めてあげ、できなくても根気よく教えることが重要です。
しかし、やってはいけないことをした場合にはきちんと叱らなければなりません。
その場合は、やってはいけないことをしたその瞬間に、低くはっきりとした声で「ダメ」といった言葉で叱りましょう。
こういったことを根気強く繰り返すことで、しつけが成功するのです。

あざみ動物病院へご相談ください!

犬・猫・うさぎ・ハムスターといった一般小動物の診察を受け付けております。
当院は2009年4月のオープン以来、多くの動物たちの診察を行ってまいりました。
その豊富な実績と経験を備えたスタッフが、大事なペットをお預かりし、丁寧に対応いたします。
診療の他、各種ワクチン接種や健康診断などの予約も行っておりますので、信頼できる動物病院をお探しの方は、ぜひ当院までお越しください。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。